世紀のまなざし

2006年5月23日 01時04分 | カテゴリー: 活動報告

野鳥たち

下諏訪町立博物館で開催されている
「世紀のまなざし」〜院展画家・岡世紀の
スケッチ画を見てきました。
共催:日本野鳥の会諏訪支部
画家が一点の作品を完成させるためには、大変な時間を費やします。その時間とは、作品制作に要する時間ばかりではなく、日常ごろデッサン、スケッチという基礎的作業に莫大な時間と労力をかけているということなのです。
機会あるごとにスケッチし、その日を記入し、緻密に丹念に描いています。
パンフレットより
  
下諏訪町立博物館・赤彦記念館

館内で日本野鳥の会の会員がていねいな説明をしてくれた。
スケッチは、鳥の特徴ある部分を強調して描いていて、
写真との違いでもあるという。
野鳥の会会員は、特に「鳥の足を描くことは非常に難しい」と強調された。鳥の足の描き方で画家の技量がわかるそうです。
鳥の絵で足をかかない絵は楽だとも。
じっさいの作品は撮影禁止なのでパンフレットで。