南足柄市研修報告

2006年2月25日 23時39分 | カテゴリー: 活動報告

南足柄市報告研修報告(南足柄市、大磯町、葉山町)

議会運営委員会研修報告
実施日 :2月7日(火)から9日(木)の3日間実施しました。
研修項目:議会運営について
     議会改革・活性化について
研修先神奈川県南足柄市、中郡大磯町、三浦郡葉山町 の三箇所です。

それでは各研修の内容を報告いたします
南足柄市の行政規模は面積 76.93㎢
人口 44,214人 世帯は15,207戸
議員定数 法定上限数 26人  条例定数は22人現数 22人
財政 一般会計 1,415,700,000円特別会計 
財政力指数 平成16年度 1.153
沿革
南足柄市は神奈川県の西端に位置し、金太郎のふるさとである箱根外輪山の山麓に囲まれた足柄平野の一部を市域としている。この市域の約65%を占める森林が豊かな自然と清い水をもたらしている。
 質疑では
議員定数については平成19年度より、現行22人から16人の定数減が決定し、18年度より決算を12月から9月に変更を予定している。視察は日帰りで実施している。一般質問は毎回、15人から16人がする。合併については平成22年には合併の意向。
議会だよりについては事務局で編集し作成している。一般質問の原稿については職員1人が議員3人から4人分を担当している。発行は年4回で16ページで、予算は1,463,000円。事務局の負担は、パターン化しているのでスムーズでほぼ残業なしである。ケーブルTV、日曜議会も検討している。
報酬については定数を削減したので予算は下がる。政務調査費は1人月額1万円で、神奈川県内では一番低い。また湘南6市でも一番低い。
委員会が別々の日程になっているが、問題はないようです。
代表質問は無制限だが、今回ははじめて11人会派になるので状況が把握できない現状にある。また特色としてホームページに広告を掲載している